20170526

少々間が開いてしまいましたがブログを更新します。

父の陶芸工房の移転がきっかけで事務所を移転しました。
父の工房 羽切陶房が1階で羽切建築設計事務所は2階になります。
事務所の方は手を加えながらの移転になるのでまだ残る未完成の部分は徐々にという感じです、
なかなか自分の事務所となると決めきれない部分、悩む部分も多くなかなか進みません・・・
新事務所住所
〒410-0872 静岡県沼津市小諏訪37-3
※電話・Mailは変更ありません
場所は国道1号線 ニトリと幸楽苑のある交差点を南に300mほどの場所にあります。
事務所・陶房共に是非遊びに来て下さい。
以下陶房の案内です。
快適に作陶できるようです陶芸の教室もあるようなので興味のある方はご連絡下さい。
更新されないブログはやめた方が良い、頑張ろうと思い始めましたが更新を怠ってしまいました。
更新をしていない事を確認してくれている一部の方の期待を裏切るために、もう少し色々と更新できればと思います。
仕事の方は沢山の良いご縁に恵まれ忙しくありがたいことです、それぞれ丁寧に向き合っていければと思っています。
竣工した物件もまたご紹介できればと思います。
事務所移転のお知らせと羽切陶房 | 10:01 | - | -
20150627
沼津市で事務所兼住宅の改装計画です。
敷地は施設に囲まれた部分にあり南側にある建物により少々日当たりが悪く又施設利用者の往来があります。現在は南側の掃き出し窓にはカーテンがかかっており室内は少々暗く閉鎖的です、室内にはワークスペースと膨大な量の書籍の書庫となっています。

今回の計画はワークスペースに小さな打ち合わせスペースを設け書庫の書籍を整理しプライベートなリビングを計画しています。
南側は音や視線の問題を解決し明るさを確保するためにハイサイドライトとしています、また緑の境を設けることで良い距離間を保てるのでは無いかと思っています。
リビング計画部分は立地上開口が取りにくく少々薄暗いのですが、快適な空間になるよう、北側にある今は使われていない階段スペースを利用し開放感、明るさ、風通し、緑の柔らかさを取り込めればと思っています。今回はこの北光庭が重要な役割を持っています。

ワークスペースとリビングお互いの気配を感じながら、そして施設との良い距離間を保てる快適な空間を計画中です。
秋頃には完成予定です。

南面

北側既存階段











 
沼津 A邸 改装工事計画 | 17:43 | - | 建築
20150421
昨年竣工しました富士の家外構工事が終わりましたのでご紹介したいと思います。

建築場所は街の中心地から少し離れた静かな場所です、近くには河、緑道などもあり自然に囲まれている落ち着いた環境です。

今回は土地探しの段階から協力させていただきました、各土地の立地、接道条件や周りの環境、騒音、景色、土地自体の価格などさまざまな条件の中、すべての条件に合う土地はなかなか見つからないことが多く時間がかかりますが、それらの条件は建物のプランや仕様でカバーできることが多く各土地の条件に応じて、この土地・条件ならこんな事ができる、こんなプランであれば問題を解決できるというお話をしながら土地を探していきます。
少し時間はかかりますが土地購入前に相談するのも最終的に満足のできる結果になることが多いと思います。

今回の土地は北側に道路があるため2台分のビルトインガレージとし、駐車スペースから玄関まで濡れずに行き来できる計画としています、建物を北側に寄せることができるため、南側の採光を確保できます。
1階部分はリビング・ダイニング・キッチンとユーティリティを設け家事のしやすい計画としています、リビングの大きな開口で明るく暖かい空間となっています。開口からは塀で囲まれた南庭にほぼフラットに降りられる為、洗濯物を干したり子供達がそのまま裸足で外に出て安全に遊ぶ事ができます、今回は手入れのかからない人工芝にしています、質感もよくふかふかしていて子供達にも評判も良いです、転んでも怪我がしにくいのも安心です。

2階の1室はSOHOとなっているため、それほど多くはないですが来客も想定しているため、玄関からSOHOまでの動線を建具を利用しある程度プライバシーを確保できる計画としています。
以前のお住まいが冬寒かったとの事でしたので今回は温熱環境にも配慮し外部建具、吹き付け断熱など配慮しています、建築主からは今年の冬は暖かく過ごしやすかったとの事です。

子供室は明るさを確保しながら集中できる様に高窓としています、子供の目線からは空しか見えないため開放的な空間となっています。
2階の中心にはルーフテラス設け物干・採光・換気確保し1階のユーティリティに明かりを落とす天窓を設けています。

SOHO部分は家の中にありながら適度な距離感を保て気配や音などを感じにくいような計画となっています、配置的なは北側の駐車スペースの上に計画し2階のルーフテラス、北側の目隠しバルコニーにより外部からの視線を遮り、北側からの明るく安定した光の入る明るく快適な空間となっています、壁面収納と造作家具のペーパーラックで整理整頓されておりいつ行っても巨大なワークデスクの上はキレイに保たれており仕事の能率も上がったとの事です、私も見習わなくては・・・

建物の竣工から約1年程たっていますがキレイに気持ちよく楽しく生活されているようで、嬉しく思います。
建物の大きなトラブルも無く丁寧に施工して下さった施工会社、監督には感謝しております。

建築主の奥様のブログです、建築中の打ち合わせの様子、設備の事などとても丁寧に書いて下さっており、私も参考になります、是非ご覧になって下さい。
その他の物件でもそうですが時間の許す限りプランを練り実際に使用する材料は実物を確認して行くことは時間はかかりますが、重要でまた建築主との楽しみの一つです、特に静岡の場合だと都内の様々な大きなショールームで大きなサンプルを確認することができるので選びやすく決定がしやすいです。

住宅設計は丁寧にじっくり打ち合わせをできればと思っています。
計画中の方はお気軽に お問い合わせ下さい。










































 
富士の家 竣工 | 10:43 | - | 建築
20150411
富士市吉原のピロシキ専門店 3776type店舗工事です。
YUICHIRO DESIGNとの共同プロジェクトです。

店舗のコンセプト、富士山の高さと同じ3776種類のピロシキを目標に、
地域の人、地元の新鮮な食材で作られたピロシキ専門店です。

ファサード面より内部にかけて地場のひのき合板を使用した組子の構造で飾り棚を設置し
棚にはメニューの3776種類のカードを並べられる仕様となっています。
棚の塗装はワークショップにてみなさんの力をお借りして塗装しています。
難しく根気のいる加工組み立て作業を引き受けてくれたカーポス工作所に感謝です。

静岡県内だけでなく関東各所でイベントや催事などで販売しています。
"http://www.3776type.com/"

オススメはすでに沢山の種類があり日々増えていますが愛鷹牛のすきやきピロシキ、
エビチリなどでしょうかパンもおすすめです!













 
3776type | 18:32 | - | 建築
20150323
南足柄市の住宅工事です。
落ち着いた住宅地の北側接道の敷地です。
今回の計画は北側道路からの視線を遮りプライベートな南側庭を確保しています。
敷地西側には車2台分のビルトインガレージを配置し、南側庭にも車両を行き来させたいとの要望より
ガレージには南北にオーバースライダー・シャッターを設けH=2600伉度の車両が通り抜けられるようになっています。
敷地形状は北側道路よりも約600伉度上がっているため、ガレージ部分と1階床の高さがおよそ1200伉度上がっている計画となっています、大きな小屋裏収納も含めると2階建てですが5層のスキップフロアとなっています。
南北への大きな開口5層のスキップフロアとなっているので今回はSE構法を採用しています。
SE構法は勤務している頃から10年程度採用・施工してきていますが、随時アップデートされ施工もよく考えられておりとても良い構法だと思います。
内部は明るくすっきりとした感じとなりました、スキップフロアの良さを生かし各居室の天井高さや位置を構成しています。
1層目ガレージ
2層目リビングダイニングキッチン
3層目主寝室・書斎
4層目子供室
5層目小屋裏収納
それぞれの用途により各居室からの音や目線が交差しないような計画です。

現在、土木・造園工事を営むお施主さまの玄関・階段回り、石貼りなど外構工事中です。













 
南足柄の家 | 11:59 | - | 建築
20150306
前回に引き続き三島の二世帯住宅1階部分です。
改修まえにあった畳敷きのスペースと押し入れを撤去し薪ストーブを設置しました。

施主様の選ばれたブラウンのホーローのストーブが良い感じに納まっています。
ストーブ設置部分は2階部分がないため煙突も効率よく設置できています。
天井を一部高くすることで吹き抜けに設置している様なイメージとしています、煙突と天井のフランジが見えにくくなっているのでスッキリとした感じになりました。

前回の2階の白い空間とは対照的に、木の暖かみのあるやさしい感じに仕上がりました、テレビ台出窓のカウンターなども
ストーブのブラウンに合わせ製作しています。

薪ストーブの炎はいつまででも眺めていたくなります、寒い時期などは親世帯、子世帯が集まりストーブの前で過ごす時間が多くなるのではないでしょうか。

明るく暖かいリビングになりました。
















 
三島の二世帯住宅 2 | 19:02 | - | 建築
20150206
二世帯住宅の増築改装工事です。
築年数も比較的浅く基礎、構造など状態も良い為今回は増築、合わせて改装工事となりました。
今回は1階に親世帯、2階に子世帯の計画です、子世帯の玄関、階段部分、一部キッチン部分を増築しています、子世帯の玄関ホール部分で親世帯とつながっており良い距離感が保てる計画としています。
2世帯住宅の場合はライフスタイルや年齢、家族構成などにより間取りの変更や、音の問題、光熱費の問題など様々な要件を検討しお互い快適に過ごせる計画が必要です、今回は見えない部分ですが、2階からの音が1階に響きにくくする防音工事も合わせて行っています、完全に聞こえないわけでは無いですが、かなり改善され満足のいく結果となりました。

子世帯階段増築部分です、壁面は西側にあり風当たりが非常に強く周囲の畑などのほこりなど塗装の劣化が激しいため、メンテナンス、意匠も含めガルバリウム鋼板の一文字葺きとしています、階段下は物入れとなっていて外部から使用できる大きな収納になっています。

階段部分横には壁一面収納を設けています。



子世帯 リビング・ダイニング・キッチンです、キッチン部分が増築部分となっています、確認申請を伴う増築のため構造を再度見直し北面に大きな開口部を設けています、北側窓からは富士山もキレイに見え明るいキッチンとなりました。
2階部分屋根断熱材を入れ替え断熱補強をしています。




1階親世帯も薪ストーブなど良い感じに仕上がっています。
外構フェンスなど施主様のセルフビルドで進んでいます、外観、親世帯内部またご紹介できればと思います。
 
三島の二世帯住宅 | 14:05 | - | 建築
20150120
昨年末オープンハウスをさせていただいた三島の家が竣工致しました。
平家で開放的な空間にそれぞれ必要な機能が入りとても気持ちの良い楽しい建物となりました。
同年代の施主様と元気な3人の男の子達と時には自分の子供も含め設計期間から現場まで賑やかに無事終えることができました。
進行中の現場は少々危険な箇所や、現場に迷惑をかけてしまう事もあると思いますが、お子さんも含め可能な限り現場にて打ち合わせをしながら、調整や変更、追加などを検討するようにしています、現場に実際に体感してからの調整は重要です。
しっかりと対応していただいた現場に感謝です。

リビング・ダイニング・キッチンです、箱部分がキッチンとなっています、キッチンはステンレス天板と建具と合わせたシナ合板で造作しシンプルですが機能的でローコストなキッチンとなっています。ダイニングのテーブルは無垢の天板にスチールの脚を組み合わせ長さ2700个梁腓なテーブルを製作しています。
リビング入り口開口部の上部にはガラスが入っているので空調の効率も良く快適な空間となっています。
北側の大きな木製建具の開口部からは一日中安定した柔らかな光で明るく落ち着いたリビングとなりました。


 


 



子供室は将来的にどのような分割もできる様に5本引きの建具で廊下と仕切っています。鉄骨梁の上のロフトはおもちゃの収納と子供達の秘密基地です、子供室の床を少し下げる事で上部のロフト空間確保と子供達が腰掛けて遊べるようになっています。


外構が未施工ですが、見晴らしが良く、風通しの良い気持ちの良い場所です。








現在引っ越しも終わり良い感じの生活感がでて、より良い感じになっています。
今後外構工事に引き続き入って行きます、今回の現場も良い造園屋さんに工事していただける事になっていますので、
とても楽しみです、また外構ができた頃にご紹介できればと思っています。

 
三島の家 竣工しました | 12:36 | - | 建築
20141218
現在進行中の三島の家のオープンハウスをさせていただけることになりました。
日時
2014年12月20日(土)10:00〜18:00
2014年12月21日(日)10:00〜18:00
建築設計
羽切建築設計事務所  
施工
株式会社杉本建設工業

当日連絡先(羽切 090-8547-5257)ご不明な点はご連絡下さい。

見晴らしの良い場所に建つ木造平屋建て住宅です。
北側に大きな木製建具の開口部を設け安定した採光と素晴らしい景色を楽しめます。
構造的には平屋全体を柱を設けず大きなワンルームの空間とし天井の高さ床の高さを変えメリハリのある空間とし
天井は屋根を支える構造でもある36本の構造用合板の合わせ垂木と構造用合板の野地板の表し仕上げとしています。
モルタル塗の壁や土間、造作キッチン、木製建具など作り手の手の入った大人も子供も楽しく、気持ちよくすごせる建物になりましたお気軽にお越しください。


三島の家 オープンハウス | 23:34 | - | 建築
20141218
現在進行中の三島の家のオープンハウスをさせていただけることになりました。
日時
2014年12月20日(土)10:00〜18:00
2014年12月21日(日)10:00〜18:00
所在地
三島市塚原新田139-1 伊豆縦貫道塚原ICそば
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=z3OHyCyTYYeE.kjga4dzVkEqY
建築設計
羽切建築設計事務所  
施工
株式会社杉本建設工業

当日連絡先(羽切 090-8547-5257)ご不明な点はご連絡下さい。

見晴らしの良い場所に建つ木造平屋建て住宅です。
北側に大きな木製建具の開口部を設け安定した採光と素晴らしい景色を楽しめます。
構造的には平屋全体を柱を設けず大きなワンルームの空間とし天井の高さ床の高さを変えメリハリのある空間とし
天井は屋根を支える構造でもある36本の構造用合板の合わせ垂木と構造用合板の野地板の表し仕上げとしています。
モルタル塗の壁や土間、造作キッチン、木製建具など作り手の手の入った大人も子供も楽しく、気持ちよくすごせる建物になりましたお気軽にお越しください。


 
三島の家 オープンハウス | 23:34 | comments(0) | 建築
1/2 >>